2015年2月

色かけのお問合せ

ムートンのお問合せです。


ムートンコートのいつの間にかついたシミに困っています。

自己流の手入れもまずかったのか、

擦れてキズになっていたり、色落ちしている箇所も多々あります。

補修をお願い出来ればと思っておりますが、

おいくらくらいになるものでしょうか?

moutonsimi21 (1).jpeg

moutonsimi21 (2).jpeg

ご回答。

この場合、出来る事は、クリーニングと色かけになります。

最初の写真の汚れをクリーニングで落としても、多少跡やムラが残ります。

なので、色かけをします。

色かけとは、染めるのではなく、上から色をかけて行くものです。

すれた部分も色かけで、改善されます。

(色かけは同じ色しかかけらえません)

クリーニング料金表はこちら

ムートンはこの中のラムになります。

色かけ費用は場合によりますが

クリーニング費用より1から1.5倍程度です。

マフラーにミンクブローチコラボ

自分で作ろうコーナーに投稿してくださるS.O.さんからです。

ありがとうございます。

 

”催事で購入したストールに
石井毛皮オンラインショップで
購入したミンクブローチつけてみました。
素敵です。”


so0217 (2).JPG

so0217 (3).JPG

毛皮工房石井の催事で登場した編み込みセーブルストール。

それに、3,000円でタイムセールに出ていた、

ミンクブローチの思いもよらない組み合わせ。

グット高級感アップですね。

so0217 (5).JPG

so0217 (7).JPG

こちらも、黒のセーブルマフラーにシルバーのミンクブローチ。

オリジナルな逸品っていいですね。

ミンクブローチは、現在、ショッピングカートから

金町店に移動しましたので、お問い合わせは

kanamachi@ishiifur.com にお願いします。

 

 

コレッツォーネイタリア展のバッグの紹介

3/9~3/13日日本橋にてに行われる
コレッツォーネイタリア展のバッグの紹介です。
 
今回は上質なファーやレザーを使ったバッグです。
秋冬の展示会なので、前回の春夏展には、
無かったファーバッグがありました。
 
ラムのバッグは色も大人っぽくて持ち手部分のレザーの色と
ファーの色がとてもマッチしていて、上品な仕上がりになっています。
 
こちらも形と色などはお好きに組み合わせることが可能となります。
 
daichifurfw2016 (4).jpg
 
こちらはチンチラを細かく接ぎ合わせた
ポシェットのようなバッグになっております。
旅行先やちょっとした外出にお財布などを入れて
軽くお出かけする時に便利な大きさです。
 
daichifurfw2016 (9).jpg

こちらはレザーのバッグの中カバーに
FOXの接ぎ合わせの物を使用しています。
程よくデザインされたバッグになります。
このブルーに染まっているFOXの部分は
先程のチンチラにも変えることが出来ます。
 
daichifurfw2016 (5).jpg
 
これは香水の瓶の形がポイントの
 
シュリンク(革のしぼ)がきれいなトートバッグです。
 
daichifurfw2016 (10).jpg
 
daichifurfw2016 (11).jpg
 
ファーの帽子などもありました。
今までのファーのニット帽やロシア風の帽子ではなく、
とてもエレガンスな形をした帽子です。
 
こののメーカーはPRADAやGucciなどの
帽子を作っている工場のオリジナルブランドで、
エレガンスなデザインの物がとても多いです。
 
daichifurfw2016 (1).jpg
 
ダイチファーレポート
 
コレッツォーネイタリア展

明日から香港フェアー

世界3大毛皮ショーの一つ、香港フェアー。

明日から、28日まで参加します。

香港は、イギリス領の時代、

毛皮職人が育ち、毛皮加工技術は世界指折りです。

香港製でも、中国製と表記されます。

hongkong2015.jpg

最近は、SAGAMINK表示でも、ラベルだけ貼ったものがあるそうです。

ではどうすればいいの?沢山の毛皮を見ているうちに、種類だけでなく、

品質がわかるようになります。お抱え弁護士、お抱えドクター、お抱えコックなど、

お抱えしたいスペシャリストに、是非お抱え毛皮職人はいかがでしょう。

毛皮のことなら毛皮工房石井に何でも相談ください。

 

 

コレッツォー二イタリア展の特徴

今回は3/9~3/13日、日本橋にてに行われる
コレッツォーネイタリア展の特徴をお話したいと思います。

 
今回の展示会を見て箔のプリントをされたアイテムが多くありました。
イタリアのブランドたちが来年の秋冬に向けて
提案したいキーワードの一つのようです。
 
この写真の右側には箔プリントされたクラッチがありますが、
このまま気に入っていただけましたら、
サンプルと同じ物を注文することも出来ます。
また、形見本として捉えていただくことも出来ます。
 
左側に素材の束が広げてありますが、その中から素材を選んで
気に入った形と、気に入った素材を組み合わせていただけます。
 
ということなので、百貨店、セレクトショップの店頭には並ばない
日本に一つだけのバッグになるかもしれません。
 
daichifurfw2016 (7).jpg
 
このこの流れは、コレッツォーネイタリア展の醍醐味とも言えますので、
是非、吟味してオリジナルな組み合わせのバッグを作ってみてください。
 
daichifurfw2016 (6).jpg
 
このメーカーの面白い部分は小物もあります。
バッグと同じ素材のカチューシャやイヤーマフなども
作れます!
 
daichifurfw2016 (8).jpg
 

このブランドはトレンド色の強いメーカーでしたので、
次は上質な素材を使ったシックなブランドを紹介したいと思います。
 
ダイチファーレポート
 
 
コレッツォーネイタリア展

いままでのタイムセール一覧

この秋冬シーズン、毛皮工房石井のショッピングカートを

ご利用いただきましたお客様、大変ありがとうございました。

タイムセールでは、約50点の商品を大変お安くご提供させていただきました。

引き続き、ショッピングカートをよろしくお願いいたします。

今シーズンの販売済みタイムセール一覧はこちらでご覧になれます↓

http://www.ishii-fur.com/shop/products/list.php?category_id=19

timese63.jpg

times56 (1).jpg

times56 (2).jpg

times56 (3).jpg

また、タイムセールができる時をご期待ください。ありがとうございました。

 

コレッツォー二イタリア展秋冬2015

前回好評頂きました、コレッツォー二イタリア展の時期がやって来ました。
今回は秋冬の展示会になっております。
 
コレッツォー二イタリア展とは
百貨店、セレクトショップのバイヤー向けに春夏、秋冬と毎年2回行われている
イタリアのレザーバッグメーカーをメインとした展示会で、
今回は計23ブランドの新作発表の場となります。
 
本来一般のお客様に開放している展示会ではございませんが、
毛皮工房石井のお客様には特別に入場して頂けます。
 
daichifurfw2016 (3).jpg
 
その理由としましては、
お客様のお気に召すアイテムが御座いましたら、
弊社が皆様のオーダーをまとめて展示会業者にオーダーすることにより、
まだ店頭に並んでいないメーカーの最新アイテムを1点から、
卸価格に近い価格にてオーダーすることが可能になっています。
 
オーダーを受けてからイタリアでの生産になりますので、
お手元に届くのが、百貨店、セレクトショップの店頭に並ぶタイミングと同じ
8月〜9月頃になります。
 
数回に分けて展示会に並んでいるバッグなどの写真を載せていきますので、
お時間ございましたらご来場くださいませ。
 
 
日程:3/9(月)〜3/13(金)
時間:10:00~18:00
場所:八重洲セントラルビル2階
*展示会場が前回と変わりました
 
担当:石井大地
連絡先:090-1034-4872
 
daichifurfw2016 (2).jpg
 
 
コレッツォーネイタリア展

ムートンに関するお問合せQ&A

ムートンのお問合せ


10年ぐらい前に買ったムートンを

愛用していましたが、

1年前に袖のところから裂け、

生地も裂けてしまいました。

どのぐらいの費用か教え頂きたいです。


moutonsake.jpeg

 

お答え

切れた原因に皮の劣化がある場合 同じように縫っても

また 裂ける可能性があるので、 丈夫に縫うことになります。

なので、修理個所の縫い目が 目立ちますが、

それでも良ければ、 着れるようにはなります。

修理代は、そのようなおまかせで やらせてもらえるのであれば

2箇所で1万円+税とのことです。 よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報 7月展のムートン

7月展のムートン情報、一部入ってきました。

7月展は、仕入れ値プラス手数料で、共同購入のスタイル。

サイズも色も選べます。

以下、ダイチファーレポートです。

ムートンの皮面が毛羽立っていてカジュアルな雰囲気があります。
この素材感には皆で大絶賛でした。
色は写真のモカと、ビアンコ(白)です。
白と言っても天然の白なので優しい白です。
ミンクの高貴なイメージの白とは違い
ちょっとしたお出かけの時にも羽織れるような白でした。
 

7gatutenmu7 (2).JPG

ポイントは軽くて柔らかい所と
ムートンのリバーシブル(ムートンではあまり見ないですよね)
あとフートが小さいので衿のようにも見える、さり気なくて上品なデザインでした。
いままでのフードにありがちだった、
フードが重くて後ろに引っ張られてしまい、
前がガバっと広がってしまうことも無いのでオススメです。
 
下の写真が衿の雰囲気です。
(こちらは毛を表にして着用しています)

7gatutenmu7 (1).JPG

あとは念願の方も居るかと思いますが、メンズのムートンです。
昔ながらのワイルドさのあるムートンで、紳士ものですが、とても軽いです。
こちらは2型ありますが、色は写真と同じになります。
 

7gatutenmu7 (4).jpg

ステンカラー(シャツのような衿のコート)とフード付きです。

ダウンの飽きた男性にもおすすめできる軽さです。

7gatutenmu7 (3).jpg

自由が丘オフィシャルガイドウェブ

住みたい街の上位の常連、自由が丘。

この名前になったのは1932年。

名づけの親は、紫綬褒章の第1号受章者の

バレエダンサー石井獏さん。

1928年に”自由ヶ丘石井漠舞踊研究所”の設立がきっかけ。

そして、獏の息子、石井歓さん、石井眞木さんも

作曲家として紫綬褒章受章。

今は、自由が丘は、石井獏記念バレエ教室など、

バレエ教室の激戦区だそうです。

GOOGLEで自由が丘を検索してみると....

jiyugaken3.jpg

検索一1位は、自由が丘オフィシャルウェブ

http://www.jiyugaoka-abc.com/

自由が丘毛皮工房石井も

ファッションの欄に載っています。

jiyutr9 (2).jpg

ショップ最新情報に旬の情報が詰まっています。

jiyutr9 (1).jpg

自由が丘に行かれる際はチェックしてみてください。

 

 

1  2
ページ上部へ