2015年5月

7月展 レイヤードミンク 16万円

ホワイト&シルバーブルーミンク

レイヤードミンク(2種類)

16万円(税別)

(7月展価格は終了しました)

サンプルは 着丈85cm 袖丈50cm

*7月展では、このサンプルを試着し、たたき台にしてお客様にピッタリサイズを

オーダーします。

minl142 (2).JPG

minl142 (1).JPGminl142 (3).JPG

minlb141 (2).JPG

minlb141 (1).JPGminlb141 (3).JPG

詳しくは7月展サイトをご覧下さい。

7月展サイト

ミンクフードハーフコートの7月展価格

7月展でのミンク4種の価格が決まりました。

写真はミンク横ハギフードハーフコート 着丈70cm 

フードは両面ミンク(ダブルフード) 

30万円(税別)

(7月展価格は終了しました)

minw134 (2).JPG

minw134 (1).JPG

minw134 (3).JPG

カスタムオーダーにてサイズを選びます。

色は、白、黒が得にお得になります。

詳しくは7月展サイトをご覧下さい。

7月展サイト

イタリア製・リバーシブルムートン

7月展でご案内するイタリア製のリバーシブルムートンです。

サンプルは、着丈85cm イタリアサイズ 38,40, 42,

色はベージュとブラックを用意します。

7月展はカスタムメイドですから、

これらをたたき台に、あなたにピタリサイズを

石井が確認します。お値段22万円+税

(7月展価格は終了しました)

軽くて柔らかいムートンでは珍しいリバーシブル。フード付き。
サンプルの色は2色。ベージュとブラック。
ムートンの皮面がスウェード加工でカジュアルな雰囲気。
フートが小さいので衿のようにも見える、
さり気なくて上品なデザイン。

mouc131 (2).JPG

mouc131 (4).JPG

mouc131 (5).JPG

moubr130  (3).JPG

moubr130  (6).JPG

詳しくは7月展サイトをご覧下さい。

7月展サイト

サンクトペテルブルグからファーレポート

イタリア展ではご来場大変ありがとうございました。石井大地です。

今、リトアニアからロシアに入り、

サンクトペテルブルグに来ています。

毛皮関連事情をレポートします。


ロシア名物なのか、普通のお土産店でミンクのシュシュが、約2000円で売ってました。

rosia0523 (2).JPG

サンクトペテルブルグの毛皮屋さん。
 
MEXAは毛皮の事。キリル文字でメハって読むようです。

rosia0523 (3).JPG

こちらはジャガーというミンクのロングベストですね。

rosia0523 (1).jpg

写真はありませんが、クレムリンの中にキエフ大公モノマフの帽子があり、
 
その王冠のような帽子はロシアンセーブルが使われてました。

ムートンフットウェア&ケア3種類

ムートンの柔らかいの感触が足の裏を刺激して

身体にも心にも良さそうなグッツの紹介です。

足の裏は、心臓からもっとも遠く離れた秘境の地。

血液も長い旅をすることに。

そこで天然毛皮の癒しパワーを

ヘモグロビン達に感じていただきたいものです。

 

ムートンスリッパ。2000円(税抜)

moutonsl411 (6).JPG

ムートンルームシューズ。2500円(税別)

moutonsl411 (10).JPG

モカシンタイプ ルームシューズ 3000円(税別) 黒もあります。

moutonsl411 (1).JPG

商品は金町店でご覧になれます。この時期ならではのこの価格。

お問い合わせは03-3600-7876 kanamachi@ishiifur.com

カラーミンク&チンチラとバッグ

お客様(S.Oさん)から2点、毛皮アイテム画像送っていただきました。
 

 
先月の講習会でカラーミンクの原皮を見せて頂き、
 
スカーフ通し(チューブマフラー)を注文しました。
 
昨日完成して 早速 エルメスのスカーフを通してみました。
 
春先のアクセントと 夏の冷房対策と 色々と使うのが楽しみです。
 

jibunnde33 (1).JPG

昨年 夏に受注したバックにチンチラを巻いてみました。
 
春から夏と暑くなる季節ですが
 
毛皮好きな私はこの季節でも、何かファーをつけていたいのです。
 

jibunnde33 (2).JPG

国立新美術館でフェルメール

6月1日まで国立新美術館で

行われているルーヴル美術館展

目玉はフェルメールのこの"天文学者”

何と着ている服は日本の着物。

フェルメールは17世紀のオランダの画家で

その当時、日本の着物が流行していたためだそうです。

louvre_01.jpg

ルーブル美術館にあるフェルメールの絵は2点だけ。

なので、今回のようにルーフルから旅に出るのは

非常に珍しいとのこと。ルーブルにあるもう一点は

"レースを編む女"。ここで着ているものは、フェルメール家

に伝わるアーミンの毛皮。

Johannes_Vermeer_-_The_lacemaker_(c_1669-1671).jpg

フェルメールの絵画は30数点しか現像んしていませんが、

このアーミンの毛皮を描いているものはたいへん多いです。

こちらのブログで他の6点を紹介していますのでご覧ください。

http://www.ishii-fur.com/blog/2013/09/fox-1.php

毛皮&ムートンの写真

毛皮の商品の写真をうまくとるのって難しいですよね。

”商品届きました。写真よりはるかに素晴らしくビックリしました!”

とメールをいただくたびに、痛感します。

suta7re.JPG

金町店の近くに、機材使用料込で1時間1500円という、スタジオを

発見。どんな感じかお試しで借りてみました。

suta7rew.JPG

7月展の男性用ムートンの写真を取りました。

7moutomen1.JPG

7moutomen2.JPG

親切なスタジオのオーナーに

ムートン石井を撮っていただきました。

ay444.JPG

石井毛皮検定NO2

石井毛皮検定の第2弾です。

4択問題が10問。

10問中9問正解で合格になります。

フルってご参加くださいませ。


http://kentei.cc/k/1527474

[第1問] ファーオブザイヤーに選ばれてい...
[第2問] 毛足の長い...
[第3問] トスカーナラムのトスカーナ地方で...
[第4問] 毛皮の日は.....
[第5問] セーブル職人が沢山いることで...
[第6問] 毛皮製品を輸入すると関税は何...
[第7問] 高級毛皮チンチラは何の...
[第8問] セーブルを日本語で...
[第9問] 登録票の無いワシントン条約で規制された豹のコート...
[第10問] 毛皮デザインコンテスト...

ちなみにこちらは検定1



[第1問] 世界三大高級毛皮は、セーブル、...
[第2問] 毛皮の毛には2種類あります。そ...
[第3問] ムートンとは羊の毛皮のダブルフェイスです。では...
[第4問] ミンクの毛皮には40種類以上の色があり...
[第5問] ワシントン条約に規制されている豹などの動物のコート...
[第6問] ミンクの原産...
[第7問] SAGAFOXのSA...
[第8問] 世界3大ファーフェアーは香港、...
[第9問] シアードミンクのシア...
[第10問] ウィーゼルの別...

 

 

毛皮編み込み講座

編み込み(ヤーン)の作り方についての説明です。

5ミリの格子状の網目に毛皮をひも状に切ったものを編みます。

動画でご覧ください。

ちなみに、石井明は、日本で毛皮ヤーンの特許を取得した時の

技術責任者です。毛皮編み込みの修理も行っています。

毛皮編み込みのことなら何でもご相談ください。

1  2
ページ上部へ