2015年8月

RalphLauren(ラルフ・ローレン)2015-16 秋冬

ラルフ・ローレンは1968年設立。

イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、アメリカントラッド。


ミンクの帽子にミンクのアームウォーマーをロングドレスに合わせています。

ファーをアクセサリーとして使うのは近年のトレンドです。

RalphLauren_2015aw_43.jpg

出典 FASHON PRESS http://www.fashion-press.net/collections/4465

アーミンのしっぽのようなフリンジが無数に広がるストール。

インディアンのドリームキャッチャーの巨大版のようにも感じます。

大きな夢がかないそうです。

RalphLauren_2015aw_12.jpg

出典 FASHON PRESS http://www.fashion-press.net/collections/4465

先ほどの一回り小柄なタイプ。無数のフリンジが揺れて目を引きます。

RalphLauren_2015aw_15.jpg

出典 FASHON PRESS http://www.fashion-press.net/collections/4465

ファーの細い原皮がそのまま釣り下がっているような強烈なデザインです。

RalphLauren_2015aw_16.jpg

出典 FASHON PRESS http://www.fashion-press.net/collections/4465

ワイルド系のファーブルゾン。

カジュアルで扱いやすいので、末永く愛用できそうです。

RalphLauren_2015aw_17.jpg

出典 FASHON PRESS http://www.fashion-press.net/collections/4465

 

いつかは行きたい美しい場所

”いつかは行きたい美しい場所100”という

ナショナルジオグラフィック発売の写真集。

この表紙の場所はどこ?

sekaiu100.jpg

様々な美しい風景の中にありました。

イタリア・トスカーナ

何世紀も変わらない風景とのこと。

sekaiu1002.jpg sekaiu1003.jpg

トスカーナと言えば、トスカーナラムの産地。

もっとも高級なラムなので、トスカーナムートンは憧れです。

 

ちなみに、7月展でご紹介した、こちらがトスカーナラムを使用したムートンです。

毛足の長い、柔らかい毛皮が特徴です。

7gatsu270624 (2).JPGmifur20155 (19)

7gatsu270624 (3).JPG7gatsu270624 (4).JPG

7gatsu270624 (5).JPGmifur20155 (15)

7gatsu270624 (6).JPG7gatsu270624 (7).JPG

チベットホイールとチベットラム

毛皮の品質はピンからキリまで。

同じ、セーブルでも比べてみると全く違うのがわかります。

沢山の毛皮を見ることが品質を見極める目を養えます。

ところで、その目ですが、足腰と同じように

使わないと筋肉が退化してピントが合わず近くが見え難く成ります。

こんなに素敵なロシアンセーブルの一本一本をしっかり見るために....

64fde400b5fb5921a4ef3765f68647f1.jpg

この画像 ”チベットホイール”といいます。

このチベットホイールは目をよくするためのもの。

チベットホイール.png

片目ずつこのマークの輪郭をなぞって、

右回りと、左回りに計2周するそうです。

円のところはぐるりと回る。

目が上下左右グルリとまわって目の筋肉を

使うことで柔軟性を保てるともこと。

 

そしてこちらは、チベットはチベットでも、

トプショップユニークのチベットラムのチューブトップ。

TOPSHOPUNIQUE_2015aw_40.jpg

出典 FASHON PRESS

http://www.fashion-press.net/collections/4555

 

 

バナー広告でお得に

昨日、WEBサイトのバナー広告に現れた香港エアーチケット10円。

hkdsp1.jpg

クリックして見ると、香港エキスプレスで

お得なキャンペーンが始まったとのこと。

30-6-Banner-JP_0.jpg

http://www.hkexpress.com/ja

世界3大毛皮フェアーの香港フェアーは2月25日~28日。

半年後の話ですが、ファッションの世界は早めに動くのが鉄則。

成田ー香港の行きは11,300円、帰りは10円。

税金や手数料を入れて、一人往復16,860円でした。

 

香港エキスプレスはWEBバナー広告などの徹底的な

コストカットでこの価格を実現しているようです。

毛皮工房石井も、同じWEBサイトの広告などを使って

より喜ばれる価格を皆様にご提供していく所存です。

 

200x200ishiimouton.JPG

336x280gif270601-thumb-400x333-7159.gif

毛皮フルリフォームノート

肩の大きな、デミバフミンクのコートの

フルリメイクのご依頼です。

着丈は80cmあるので、毛皮の分量はたっぷりあります。

furrf43.JPG

ご希望の形は、リフォームサンプルJ-59 。

リフォーム人気ランキング2位の形です。

j59f.jpg

この形で、着丈50cm 袖丈38cm

工賃は、フルリメイク価格(80cm以内)

10万円(税別)です。

ありがとうございます。しばしお待ちください。

この秋冬シーズンが楽しみですね。

 

今日は川柳の日

本日、8月25日は川柳の日だそうです。

由来は、柄井川柳(からい せんりゅう)が

初めて川柳の興行を行った日だそうです。

 

約30年前の毛皮関連の川柳のサイトがありました。

http://haikusenryu.yomibitoshirazu.com/yume_senryu/yume_senryu_kegawa.htm

その中の一句。

片袖も買えぬ 毛皮と すれ違い   奥田白虎

 

どんな毛皮とすれ違ったのでしょう....

こちらリフォームのご依頼のあった

30年前のロシアンセーブル。

当時は2~3千万円はしたと思われます。

こんな感じだったのかもしれません。

sablmb2.jpg

そして、下の写真のような大きなフードの

カジュアルなコートに生まれ変わりました。

リフォーム料金は、12万円(税別)

(90cm以内作り変え10万円+ダブルフードオプション2万円)

seblea1-thumb-400x533-1484.jpg

 

 

毛皮リフォームご依頼ノート

お客様のお持ちになったミンクコート。

FOXEYのシルバーグレーです。

着丈は93cmとロングです。

2708silverg.JPG

ご希望はR-89の形へのリフォーム。

ご希望の着丈は55cm。

袖の長さはこのサンプルから8cmプラス。

毛向きは横使いになります。

着丈、袖丈などご希望に合わせてお作りします。

RNO1f.jpg

”横使いとは、上下の向きに毛向きがあるものを

リフォームする時に、90度回転させて、

左右の毛向きにして使います。

yokotukai4.JPG

重力と毛向きの関係で、毛がふっくらとしてカジュアル感が出ます。

横使いオプションの工賃は2万円プラスです。

着丈、袖丈、身幅などはもちろん無料で調整します。

全作り直し工賃(80cm以内)10万円。

横使いのオプションと合わせて合計12万円(税別)となります。

DVDレンズクリーナーを使ったら....

どうもDVDプレーヤーがおかしい

”新しいものを購入かな?”と思っていたら、

”DVDレンズクリーナー”で

レンズをクリーニングするといいらしい。

100円ショップの”ダイソー”で買ってみました。

daiso321.jpg

DVDに”ブラシ”のようなものがついている。

”大丈夫なのかな?”と思いましたが、

”どうせ、買い替え時でダメ元”と覚悟。

使用すると、”あっ”という間に完全復活。

読み取るレンズが汚れていただけだったのですね。

ブラシで汚れを取っただけなのでしょうが、

結果に感動です。

 

毛皮も汚れやホコリを取るとそんな感じで復活します。

レンズの場合、平面的にホコリや汚れがつきますが、

毛皮の場合は、ホコリが毛と毛の隙間に重なり立体的。

 

毛皮の汚れが気になってお困りでしたらご相談ください。

ブラッシングや風圧でほこりを吹き飛ばすなどの

メンテナンスで大きく変わります。

それでも飛ばない汚れやカビは

クリーニングという強力な武器も用意しています。

http://www.ishii-fur.com/contents/cleaning/

cleaning-img-thumb-730x200-249.jpg

 

美しすぎる毛皮カタログ

先日の香港・上海出張で、

”HONGKONGFUR”という香港の毛皮メーカーの

約15ページのカタログをもらいました。

hongkongfur1 (22).jpg

この画像ではわかりずらいですが、

驚いたのは、このカタログの品質。

hongkongfur1 (1).jpg

コンサートのパンフレットのようで

表面の光沢が写真集のようです。

hongkongfur1 (3).jpg

このカタログは金町店に置いてありますので

お立ち寄りの際はご覧ください。

 

ファーバッグを作ります

お客様からバッグのご依頼があります。
 
バッグを1から作るには、専門の技術が必要ですが、
 
すでに出来ているバッグに毛皮をつけるのであれば、
 
費用も、時間も少なくなります。
 
今回、お客様の要望に合わせて、
 
イタリアからこちらのレザーバッグを仕入れました。
 
bagj21 (5).JPG
 
ミンクを被せたファーバッグです。
 
bagj21 (1).JPG
 
 
毛皮を綺麗に被せやすいバッグの条件は、
 
表面がフラットで小さ目である事です。
 
これからバッグの種類を増やして行きます。
 
料金はバッグ本体料金+加工賃になります。
 
ファーバッグのことなら何でもご相談ください。
 
担当 ダイチファー 石井大地
pradaichi1317@gmail.com
1  2  3
ページ上部へ