2016年1月

梅屋敷行き方動画

2月14日まで、京急梅屋敷駅から3分の季節店舗開催中です。

ロケーションは、ちよだ鮨と宝くじ売り場の間。

ムートン、毛皮、30%~50%OFF。最終セールです。

umeyashiki32 (12).JPG

umeyashiki32 (5).JPG

umeyashiki32 (7).JPG

最終セール 梅屋敷.JPG

駅から行き方動画です。

FENDIコレクション

毛皮ブランドで最もポピュラーなのはやはりFENDI?

ニーマンマーカスのサイトで販売されているFENDI商品。

では、問題です。次の6点をお高い順番に並べましょう。

1.レックウォーマー    2.ベスト

fendi20 (1) コピー.JPG

3.フォックストリムケープ    4.ショルダートリムコート

fendi20 (2) コピー.JPG

5.ラム&ニットジャンパー    6.Tシャツ

fendi20 (3) コピー.JPG

 

こちらのサイトにその他いろりお載っています。

早く知りたい方は下記の画像に小さくお値段が....

一番お安いTシャツで16万円。

FENDI......恐るべき憧れの存在です。

fendi20 (1).jpg

fendi20 (2).jpg

fendi20 (3).jpg

お台場で明日まで

昨日から明日までの3日間お台場にてアウトレット店開催しています。

港区台場1-3-4 シーリアお台場3番街4号棟 受付504号室

お問い合わせ 石井雄大 070-5361-1141

お台場海浜公園駅より徒歩約3分です。

image-59d.jpeg

image-61d.jpeg

この4号棟の504号室。お近くの人、そうでもない人、どなたでもお越しください。

image-64.jpeg

image-66d.jpeg

毛皮のことなら何でもご相談ください。

今年の7月展(6月から開催予定)もこの会場を数日予定してます。

ムートンの色落ち

お問合せいただきました


黒いムートンコートの色落ちに困っています。

コート表面とポケットのスエード部分からだと思いますが、

色落ち防止の加工だと素材感が変わると書かれていますが、どうなのでしょうか。

色落ちを改善することは、できますでしょうか。

31882133356a335d948239.jpeg

色落ちと言われるものは、通常、ムートンの皮面の繊維がポロポロと落ちるようなものです。

たとえるならばフケのようなものになります。

スウェード加工というのは、皮の表面を毛羽立てるものなので、毛羽立てたものが

剥がれればそのようになりますが、

数多く見た中で、そのようなことが起こるものは全体的には少なく、

通常は問題ありません。ただ、中にはあるのは確かです。

 

ムートンの皮面の加工には、樹脂加工というものがあります。

それは、スウェードとは風合いは違く、樹脂が乗っている感じになります。

 

結論的に何とかなるかということですが、表面の剥がれる部分を粘着性のもので

取ることで気にならない程度になることもありますが、

どうにもならないものもやはりあります。

 

お求めになる方が数を見ていると、手に入れる前に、

その品質の違いがわかるので、値段との兼ね合いで、覚悟してお安く手に入れるか、

手を出さないかという選択が出来るように成ります。

なので、何の世界でもそうですが、

最初は詳しい人の助けを借りるなどして購入すると良いでしょう。

 

毛皮、ムートンのことは、何でも石井などの、毛皮職人にお聞きくださり、

知識と見る目を養ってファーをお楽しみ下されば幸いです。

 

ムートンのことをお知りになりたければ、2月14日まで

梅屋敷ムートン工房石井に数多くのムートンがありますのでご覧になり、

何でもお気軽にお聞きください。

 

ページュビンクのムートンを染める

お問合せいただきました


ページュビンクのムートンコートを持っているのですが、
できれば黒に染め替えたいのですが、そちらで可能ですか?
 
7gatsu270624 (11).JPG
 
(写真はイメージです)

毛皮は染料に漬けて染めると縮みます。
それも均等に縮むとは限らないので
通常は平面の状態で染めてから
裁断してコートの形にします。

コートからの場合、一度ばらして染色して、
形を整え作り直します。
通常の毛皮のように、毛皮面が表であれば縫い目は出ませんが、
ムートンの場合、皮面が表ですと、
元のように綺麗な形に戻すのは簡単ではなく、
既製品を作るより費用も時間もかかるので
お勧めしていません。

外から色をかけるという方法もありますが
黒は色落ちがあり、濃い色の色かけは
ご注意が必要になります。

より詳しくお聞きになりたい場合は
ムートン職人、作業担当の石井明が
2月14日まで梅屋敷にて
ムートン相談キャンペーン行っています。
ムートン専用ダイヤル050-3700-6141
よろしくお願いいたします。

ドットボタンの直し

最近、問合せが多いブランド。Karl Donoghue(カール ドナヒュー)。
 
素材からデザインまで一切妥協せず、斬新なレザーやムートンを
発表しているイギリスのデザイナー。
 
10985502_1079026268778597_5180978716781596138_n.jpg
 
梅屋敷ムートン駆け込み寺に連続して何点か持ち込まれたものは
 
金具の修理。さすが、カールドナフューということで、
 
ドットボタン一つとってもとってもオシャレ。ただ、オシャレなだけに
 
同じものが簡単に手に入らないようです。
 
そこで糸で取れたドットボタンを釣り付ける作業をしました。
 
全く買った時の状態に戻すという
 
プロフェッショナルな仕事ではありませんが、
 
見えない部分で、費用も時間も小さくて済みますので、
 
このご提案にお客様もご了承。
 
ただ、ブランドに持ち込んでも、このような
 
素人仕事的なものは受けてくれないので、
 
そのまま、使わなくなってしまう方もいるのですね。
 
ちなみに、写真は、別件ですが、通常のドットボタンをムートンに取り付けた例。
 
暖かくなります。簡単につけられます。

moutondod.JPG

ムートン駆け込み寺、2月14日まで梅屋敷で開催中。

FB広告2.JPG

 

添付の写真の毛皮

お問合せいただきました

添付の写真の毛皮をリフォームしようかと考え中です。
何パターンか考えています。
 
①袖をとってそのままベストに
②大きめのクッションカバー。とれるだけの数。
③ブランケットのような、敷物のような、表面に毛皮で裏は生地の一枚物。
 
9376506045698ba85d3c92.jpeg
 
写真のコートはラビット系なので、クッションカバーや
 
敷物系にするのは、毛が擦れて切れるのでお薦めしません。
 
クッションや、敷物にはムートンなどの丈夫な毛皮が良いでしょう。
 
ベストにするのはお薦めです。
 
ちなみに、ムートンを敷物にするために平面にするのは、
 
ただいま、梅屋敷のムートン工房石井アトリエにて
 
無料で行なうキャンペーンを行っています。(2月14日まで)
 
お問い合わせは050-3700-6141
 
梅屋敷300x250.JPGのサムネイル画像
 
 
 
 
 
 
 

気になるベストのお問合せ

お問合せいただきました

過去ブログを拝見し、気になるベストがありました。

ラムベストと記載されているものです。

こちらのベストの在庫はございますでしょうか?

vest432.jpeg

こちらのものは色違いで何点かありましたが

申し訳ありません。現在はありません。

毛皮は個体差があるため、

アパレル製品に比べ、大量生産が難しいので

通常、現品限りになります。


今シーズンは、上が短毛、下が長毛のタイプの

動きが良く、流行っているようですね。

現在、梅屋敷のアウトレットで販売しているものでは

このようなものがあります。

2016012211520000.jpg

通常は15万程度ですが、

2月14日までの梅屋敷セールで

7万円程度でご案内しています。

お問い合わせは、石井明 050-3700-6141

http://ishiifur.com/saiji2015/

 

FACEBOOKの広告その2

先日、作ってFACEBOOKに投稿した広告。

なんと、125人に配信された時点で承認取り消し。その理由。

文字が多すぎるとのこと。全体の20%(5分の1)までルール。

なんと、このようにブロックで計算するらしく68%が文字でした。

FB広告.jpg

そこでこんなものを作って見ました。

一位はどれ1200x628.JPG

これで、やっと20%ルール以内になりました。

一位はどこ20パー.jpg

何事も、まずはルールが大事ということです。勉強になりました。

ちなみに、125人の方に配信された料金は75円でした。

手数料無しで75円ピッタリ、クレジットカードで引き落とし予定。

FACEBOOKの広告恐るべしですね。

 

B-6ジャケットの身幅詰め

お問合せをいただきました
 

ムートンのフライトジャケットで、
 
アヴィレックスのB-6のサイズダウン希望です。
 
見積りお願いします。
 
(写真はイメージです)
 
b6a.jpg
 
こちらのお客様、B6を1万5千円ほどで落とされたようです。
 
ヤフオクのサイトを見てみると多数のムートンジャケットが
 
1万~2万円程度で載ってました。
 
ただ、こちらを全体的にサイズダウンをするとなると
 
2万円から3万円はかかります。
 
なので、購入した金額以上になってしまいます。
 
”お金もかけたくないけど、このままでは着れない”という場合
 
ダメもとの方法がない訳ではありません。
 
たとえば、内側から、ミシンで数センチ分縫い付けて開いてしまうとか....
 
”切って、ロックミシンで縫ってみる?”とか.....(意味がわからないかもしれませんが.....)
 
ただ、職人としては、あまりにも"素人仕事"っぽいので、
 
妥協線であることを相談の際にお会いして確認する必要があります。
 
 
また、相談の時に、ご依頼主様から、
 
”1万円以内で身幅詰めをするならどんな方法がある?”
 
などと、予算を提示して聞いていただくとその範囲内で提案しています。
 
ただ、これは、ご相談に来られた方の場合で郵送などでは無理があります。
 
そんな駆け込み寺的アトリエ期間限定で開催中です。
 
moutonfb2.JPG
 
 
 
 
 
 
 

 

 
1  2  3
ページ上部へ