ホーム>毛皮石井四谷ブログ>ドットボタンの直し
毛皮石井四谷ブログ

ドットボタンの直し

最近、問合せが多いブランド。Karl Donoghue(カール ドナヒュー)。
 
素材からデザインまで一切妥協せず、斬新なレザーやムートンを
発表しているイギリスのデザイナー。
 
10985502_1079026268778597_5180978716781596138_n.jpg
 
梅屋敷ムートン駆け込み寺に連続して何点か持ち込まれたものは
 
金具の修理。さすが、カールドナフューということで、
 
ドットボタン一つとってもとってもオシャレ。ただ、オシャレなだけに
 
同じものが簡単に手に入らないようです。
 
そこで糸で取れたドットボタンを釣り付ける作業をしました。
 
全く買った時の状態に戻すという
 
プロフェッショナルな仕事ではありませんが、
 
見えない部分で、費用も時間も小さくて済みますので、
 
このご提案にお客様もご了承。
 
ただ、ブランドに持ち込んでも、このような
 
素人仕事的なものは受けてくれないので、
 
そのまま、使わなくなってしまう方もいるのですね。
 
ちなみに、写真は、別件ですが、通常のドットボタンをムートンに取り付けた例。
 
暖かくなります。簡単につけられます。

moutondod.JPG

ムートン駆け込み寺、2月14日まで梅屋敷で開催中。

FB広告2.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ishii-fur.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/707

ページ上部へ