ムートン

樹脂ナッパ加工とは

お問合せをいただきました


 
先月、フィレンツェで、Wフェイスのベビーラムコートを購入しました。
イタリア製です。樹脂ナッパ加工はした方が宜しいでしょうか?
 

nappa33.jpg

樹脂ナッパ加工は皮面の処理方法ですが、
こちらのムートンの皮面は、
樹脂加工がされているようです。

また、樹脂ナッパ加工は一枚皮の時しか出来ず、
すでに出来上がったコートは
スウェード加工も、樹脂加工も
そのままではできません。

一度分解して、加工して戻すとなると、
形が崩れる可能性がありますし
費用も、かなり大きくなります。
このまま着られるのが良いかと思われます。

 

ムートン駆け込み寺

ムートン工房石井のFACEBOOKでの広告を作りました。

ムートンでお困りの方に発信です。

ムートン駆け込み寺1200.JPG

興味のある方は、ムートン工房石井のWEBサイトにリンクしました。

すると、私たちが契約しているサーバーに不具合が発生。

ここで本当にFACEBOOKのすごさを感じました。

FACEBOOKにログインしてボタンをスライドさせると

その場で広告の配信が止まりました。

FBakutexibu.jpg

FACEBOOKのすごさは、広告の個人への直販だったのですね。

広告代理店や担当者の方などバケツリレーのように様々な方が絡んでいる場合、

こんな簡単にリアルタイムで、数円単位で対処は難しいですから。

ムートン工房石井も同じで、職人が直接、お話を聞きます。

費用をかけずに素人的にちょっとした応急処置なども、

しっかりした玄人仕事でも、状況に応じて対応してきています。

2月14日まで梅屋敷(花屋敷ではありません)で、

ムートン工房石井作業アトリエ的ご相談開催中。

詳しくは 050-3700-6141 http://ishiimouton.com/

 

 

様々な選択肢

お問合せがありました。


ムートンコートの首元から風が入るのでボタンかホックを付けられますか?


もちろん、ボタンでもフォックでも付けられます。

一口にボタンと言っても、様々な選択肢があります。

手のかかるもの、簡単に出来るもの。

 

ボタンの相手がわをゴムのループにする場合や、

ボタンホールを穴かがりにする場合。(写真はイメージです)

1-14092Z94A12Q.jpg

玉縁(たまぶち)にする場合は余った皮が何処からか

持って来れれば可能です。(写真はイメージです)

img_1901-1024x683.jpg


また、皮の厚いムートンであれば、

切りっぱなしでも大丈夫な場合もあります。

費用も小さく済みます。

これ以外にも様々な選択肢があるのでご相談ください。

そして、その中からお選びください。

 

フェイク?ムートンの鑑定

お問い合わせいただきました

サイトで購入したムートンジャケットがフェイクのような気がします。

査定と証書を発行していただく事は可能でしょうか?

 FauXmou22.jpg

(写真はイメージです)

ムートンや毛皮を40年、職人として見てきましたので

その素材がどのようなものかわかる範囲内でお伝えすることは出来ます。

ただ、鑑定書のようなものを発行するというのであれば

日本毛皮協会がその業務を行っています。

http://www.fur.or.jp/jfa/kantei.html

 

ムートン工房石井の梅屋敷店で

2月14日まででしたら、

無料でわかる範囲内で鑑定や相談できます。

どうぞ、ご利用下さい。

FB広告2.JPG

 

 

ムートンの色落ち

お問合せいただきました


黒いムートンコートの色落ちに困っています。

コート表面とポケットのスエード部分からだと思いますが、

色落ち防止の加工だと素材感が変わると書かれていますが、どうなのでしょうか。

色落ちを改善することは、できますでしょうか。

31882133356a335d948239.jpeg

色落ちと言われるものは、通常、ムートンの皮面の繊維がポロポロと落ちるようなものです。

たとえるならばフケのようなものになります。

スウェード加工というのは、皮の表面を毛羽立てるものなので、毛羽立てたものが

剥がれればそのようになりますが、

数多く見た中で、そのようなことが起こるものは全体的には少なく、

通常は問題ありません。ただ、中にはあるのは確かです。

 

ムートンの皮面の加工には、樹脂加工というものがあります。

それは、スウェードとは風合いは違く、樹脂が乗っている感じになります。

 

結論的に何とかなるかということですが、表面の剥がれる部分を粘着性のもので

取ることで気にならない程度になることもありますが、

どうにもならないものもやはりあります。

 

お求めになる方が数を見ていると、手に入れる前に、

その品質の違いがわかるので、値段との兼ね合いで、覚悟してお安く手に入れるか、

手を出さないかという選択が出来るように成ります。

なので、何の世界でもそうですが、

最初は詳しい人の助けを借りるなどして購入すると良いでしょう。

 

毛皮、ムートンのことは、何でも石井などの、毛皮職人にお聞きくださり、

知識と見る目を養ってファーをお楽しみ下されば幸いです。

 

ムートンのことをお知りになりたければ、2月14日まで

梅屋敷ムートン工房石井に数多くのムートンがありますのでご覧になり、

何でもお気軽にお聞きください。

 

ページュビンクのムートンを染める

お問合せいただきました


ページュビンクのムートンコートを持っているのですが、
できれば黒に染め替えたいのですが、そちらで可能ですか?
 
7gatsu270624 (11).JPG
 
(写真はイメージです)

毛皮は染料に漬けて染めると縮みます。
それも均等に縮むとは限らないので
通常は平面の状態で染めてから
裁断してコートの形にします。

コートからの場合、一度ばらして染色して、
形を整え作り直します。
通常の毛皮のように、毛皮面が表であれば縫い目は出ませんが、
ムートンの場合、皮面が表ですと、
元のように綺麗な形に戻すのは簡単ではなく、
既製品を作るより費用も時間もかかるので
お勧めしていません。

外から色をかけるという方法もありますが
黒は色落ちがあり、濃い色の色かけは
ご注意が必要になります。

より詳しくお聞きになりたい場合は
ムートン職人、作業担当の石井明が
2月14日まで梅屋敷にて
ムートン相談キャンペーン行っています。
ムートン専用ダイヤル050-3700-6141
よろしくお願いいたします。

ドットボタンの直し

最近、問合せが多いブランド。Karl Donoghue(カール ドナヒュー)。
 
素材からデザインまで一切妥協せず、斬新なレザーやムートンを
発表しているイギリスのデザイナー。
 
10985502_1079026268778597_5180978716781596138_n.jpg
 
梅屋敷ムートン駆け込み寺に連続して何点か持ち込まれたものは
 
金具の修理。さすが、カールドナフューということで、
 
ドットボタン一つとってもとってもオシャレ。ただ、オシャレなだけに
 
同じものが簡単に手に入らないようです。
 
そこで糸で取れたドットボタンを釣り付ける作業をしました。
 
全く買った時の状態に戻すという
 
プロフェッショナルな仕事ではありませんが、
 
見えない部分で、費用も時間も小さくて済みますので、
 
このご提案にお客様もご了承。
 
ただ、ブランドに持ち込んでも、このような
 
素人仕事的なものは受けてくれないので、
 
そのまま、使わなくなってしまう方もいるのですね。
 
ちなみに、写真は、別件ですが、通常のドットボタンをムートンに取り付けた例。
 
暖かくなります。簡単につけられます。

moutondod.JPG

ムートン駆け込み寺、2月14日まで梅屋敷で開催中。

FB広告2.JPG

 

添付の写真の毛皮

お問合せいただきました

添付の写真の毛皮をリフォームしようかと考え中です。
何パターンか考えています。
 
①袖をとってそのままベストに
②大きめのクッションカバー。とれるだけの数。
③ブランケットのような、敷物のような、表面に毛皮で裏は生地の一枚物。
 
9376506045698ba85d3c92.jpeg
 
写真のコートはラビット系なので、クッションカバーや
 
敷物系にするのは、毛が擦れて切れるのでお薦めしません。
 
クッションや、敷物にはムートンなどの丈夫な毛皮が良いでしょう。
 
ベストにするのはお薦めです。
 
ちなみに、ムートンを敷物にするために平面にするのは、
 
ただいま、梅屋敷のムートン工房石井アトリエにて
 
無料で行なうキャンペーンを行っています。(2月14日まで)
 
お問い合わせは050-3700-6141
 
梅屋敷300x250.JPGのサムネイル画像
 
 
 
 
 
 
 

B-6ジャケットの身幅詰め

お問合せをいただきました
 

ムートンのフライトジャケットで、
 
アヴィレックスのB-6のサイズダウン希望です。
 
見積りお願いします。
 
(写真はイメージです)
 
b6a.jpg
 
こちらのお客様、B6を1万5千円ほどで落とされたようです。
 
ヤフオクのサイトを見てみると多数のムートンジャケットが
 
1万~2万円程度で載ってました。
 
ただ、こちらを全体的にサイズダウンをするとなると
 
2万円から3万円はかかります。
 
なので、購入した金額以上になってしまいます。
 
”お金もかけたくないけど、このままでは着れない”という場合
 
ダメもとの方法がない訳ではありません。
 
たとえば、内側から、ミシンで数センチ分縫い付けて開いてしまうとか....
 
”切って、ロックミシンで縫ってみる?”とか.....(意味がわからないかもしれませんが.....)
 
ただ、職人としては、あまりにも"素人仕事"っぽいので、
 
妥協線であることを相談の際にお会いして確認する必要があります。
 
 
また、相談の時に、ご依頼主様から、
 
”1万円以内で身幅詰めをするならどんな方法がある?”
 
などと、予算を提示して聞いていただくとその範囲内で提案しています。
 
ただ、これは、ご相談に来られた方の場合で郵送などでは無理があります。
 
そんな駆け込み寺的アトリエ期間限定で開催中です。
 
moutonfb2.JPG
 
 
 
 
 
 
 

 

 

ムートンの破れ修理

お問合せいただきました


ムートンコートの破れ修理はできますか?

5494566705678d0159238f.jpeg

通常、修理方法は、裏側の毛を刈ってから
皮などを張り付けて繋げます。
刈らずに修理する場合は
そのまま縫いますが、縫い目が出るので、
場所によっては、適さないこともあります。
今回の場合は、外から縫う選択も考えられます。

また、破れた原因が、力が加わった場合と
劣化の場合があります。劣化の場合は
破れ部分を修理しても、また切れる可能性があるので、
そのあたりも考慮して、裏からの補強も考えます。

ご相談、提案、お見積り、すべて無料です。
何かありましたらムートン工房石井へ
050-3700-6141

 

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
ページ上部へ