その他

GINZA6のFENDIショーウインド

銀座の新しいランドマーク GINZASIXのベストポジションを飾るFENDI

ショーウインドウを見るだけでも素敵な気分ですね。

FENDI290707 (2) コピー.JPG

DSC_0025.jpg

FENDI290707 (4).jpg

DSC_0034.jpg

GINZA SIX の FENDI

東京・銀座6丁目の松坂屋銀座店跡地の「GINZA SIX」は、

241のブランド店の集合体。その一番目立つ5丁目交差点には

FENDIが輝いていました。

ginza6 (3)s.jpg

ガラス越しに見えるのは、フォックスのボンボンを果実に見立てたと思われる、巨大な樹木。

店舗に入ってい見ると、季節に捕らわれるとなく素敵なファーコレクションがそろっています。

ginza6 (11).jpg

これからは、毛皮のシーズンが近づいてきます。

お気に入りの毛皮を羽織って銀座に行きたいものですね。

ちなみに、FENDIのファーボンボンはこちらからご購入できます。

2017-07-07_21h33_55.png

 

 

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

2017年もよろしくお願いいたします

free-vector-new-year-2017-background.jpg

毛皮工房石井 石井明

今年もありがとうございました

2016年も本日が最後になりました。

6月の毛皮&ムートン受注会

オンラインショップ&オイシイセール

季節店舗にてのアウトレットセール

毛皮&ムートンのリフォーム&修理など

毛皮工房石井をご利用いただきありがとうございました。

皆さま良いお年をお迎えください。

アカデミー賞有力作品"キャロル"

2月公開の映画キャロル。

一説には、今年のアカデミー賞最有力候補とのこと。

1950年代のニューヨークが舞台ですが、目を引くのはこのミンク。

髪の色とミンクの色がシンクロしていますね。

ミンクはナチュラルで数十色を超える色がありますが

この色のミンクは何でしょう?

たぶんパステルミンク系と思われます。

3月のアカデミー賞では見事オスカーに輝くか楽しみです。

kya456.jpg

kaaro3.jpg

 

新年明けましておめでとうございます

2016年 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

saru4.JPG

今年は申年。毛皮職人石井明は年男。

申年の性格は、明るく人懐っこいお調子者と言われますが、

毛皮、ムートンのご相談は引き続きまじめに頑張ります。

今年もよろしくお願いいたします。

 

お問合せに画像項目を追加しました

毛皮工房石井のお問合せフォームからお問合せをいただく際、

簡単に画像を添付できるようになりました。

修理箇所やご希望のデザインなどの画像も

必要であれば、お送りください。

お問合せフォームへ

toiawa43 (1).jpg

電話番号を入力くだされば、文章でお伝えしづらい内容など、

こちらから、お電話させていただけます。電話でも、ご来店でも、

ご相談はすべて無料ですのでご安心ください。

toiawa43 (2).jpg

ご質問だけでなく、ブログに載せられる情報など、ございましたら

是非、お送り下さい。よろしくお願いいたいします。

12月になりました

毛皮シーズン真っ只中と言っても良い季節になりました。

様々はファッション雑誌にはファーの着こなしなどが語られていますね。

100000086600353822_10204_001.jpg

毎年、ファー満載のプレシャス12月号のWEBに

”ファーやムートンの今年らしい肩の抜き方”など

興味深い記事を発見しました。

http://web-precious.com/magazine/close/index.html

pre412.jpg

カジュアルに、ファーやムートンを着こなしたい方が増えています。

毛皮、ムートンのことなら何でもご相談ください。

 

中川の天然ウナギ

毛皮工房石井の金町店のすぐ近くを流れる中川。

その川沿いでうなぎ猟をしたかのようなカラスを発見。

天然ウナギとは、ごちそうです。突いて食べていました。

karasu.JPG

ウナギの旬は、夏と思いがちですが、実は、冬が油が乗ってとってもおいしい。

では、何故、夏のイメージになったのでしょう。

それは、江戸時代、夏のウナギは冬に比べられて、淡泊で人気がない。

ウナギ屋さんは、夏を乗り越えるために、試行錯誤の結果、

編み出したのが、”土用の丑の日”作戦。業界努力の結果です。

 

毛皮の世界も、冬だけとのイメージに思われますが、

春夏にオーダーして、秋に手に入れる個人向け展示会や、

毛皮リフォームでオールシーズン前進しています。

とはいっても、やはり、実際に毛皮が着れる

これからの季節が大いに楽しみですね。

 

336x280gif270601.gif

 

 

チベットホイールとチベットラム

毛皮の品質はピンからキリまで。

同じ、セーブルでも比べてみると全く違うのがわかります。

沢山の毛皮を見ることが品質を見極める目を養えます。

ところで、その目ですが、足腰と同じように

使わないと筋肉が退化してピントが合わず近くが見え難く成ります。

こんなに素敵なロシアンセーブルの一本一本をしっかり見るために....

64fde400b5fb5921a4ef3765f68647f1.jpg

この画像 ”チベットホイール”といいます。

このチベットホイールは目をよくするためのもの。

チベットホイール.png

片目ずつこのマークの輪郭をなぞって、

右回りと、左回りに計2周するそうです。

円のところはぐるりと回る。

目が上下左右グルリとまわって目の筋肉を

使うことで柔軟性を保てるともこと。

 

そしてこちらは、チベットはチベットでも、

トプショップユニークのチベットラムのチューブトップ。

TOPSHOPUNIQUE_2015aw_40.jpg

出典 FASHON PRESS

http://www.fashion-press.net/collections/4555

 

 

1  2  3  4  5  6  7
ページ上部へ